江戸川メディケア病院
江戸川メディケア病院








沿革

昭和21年10月10日初代院長片山弘が当地に片山病院を創設しました。 現在は一般病棟100床、結核病棟50床を有し、循環器内科、呼吸器内科を主な専門科目とし、それ以外に神経内科、一般内科、外科、消化器外科、婦人科、眼科、整形外科等の診療を行っています。
平成29年12月1日より、江戸川病院を運営する「社会福祉法人 仁生社」の一員となり、名称も「江戸川メディケア病院」と改め、より地域に密着した医療を実践してまいります。

ごあいさつ

 70有余年の歴史ある片山病院は、2017年12月1日から、江戸川病院グループ入りを契機に、江戸川メディケア病院として新発足しました。
 新病院は、2018年3月から、電子カルテシステムと最新鋭の画像機器(64列CT)と検査機器(至急採血検査システム、新規エコー機)を導入する事で、外来機能を高めます。4月には、リハビリセンターの開設の伴い、同時に栄養指導・栄養療法を強化する事で、入院中の嚥下・運動のリハビリテーション機能を強化します。6月には、透析センター(25床)を新規に設置。夏までには、在宅訪問診療部門を立ち上げる予定です。またこの間、老朽化が進んでいる結核病棟(50床)は、逐次内装等の改築を進めていきます。
 2019年春には、当院の敷地内に、地域包括病棟、回復期リハビリーテーション病棟、がん緩和病棟を含む新病棟を竣工する予定となっております。 今後、江戸川メディケア病院は、これまで同様、慶應義塾大学内科(循環器教室、呼吸器教室、腎臓内分泌代謝教室)と、東京女子医科大学消化器外科教室との医師派遣の交流に加えて、今回新たに、グループ法人で急性期病院である江戸川病院との連携から、江戸川区の地域医療の新しい要として、また東京都内の数少なくなった結核病床として、その社会使命を果たしていきます。

病院の概要

名称江戸川メディケア病院
所在地〒133-0071 東京都江戸川区東松本2-14-12
電話03-3657-1181
FAX03-3650-3326
開設年月日昭和21年10月10日
許可病床150床(一般100床、結核50床)
診療科目内科、循環器内科、呼吸器内科、神経内科、糖尿病内科、外科、消化器外科、肛門外科、婦人科、眼科、整形外科、放射線科
受付時間午前:9:00~11:30 / 午後:13:00~16:00
休診日日曜日・祝日・年末年始 (12月30日午後~1月3日)
面会時間一般病棟:13:00~20:00
結核病棟:15:30~20:00




主な医療機器

・心臓カテーテル
・MRI
・X線CT装置
・X線透過装置
・胃内視鏡
・大腸内視鏡
・気管内視鏡
・心臓超音波診断装置
・腹部超音波診断装置
・血管超音波診断装置
・トレッドミル負荷心電図
・網膜光凝固装置





主な指定医療

・保険医療機関(健康保険法・国民健康保険法)
・結核予防法に基づく指定医療機関
・生活保護法に基づく指定医療機関
・労災保険指定医療機関
・被爆者援護法に基づく被爆者一般疾病医療機関
・母体保護法指定医・指定医療機関
・身体障害者福祉法指定医(肝臓・呼吸器・肢体不自由・心臓機能障害)
・人間ドック(人間ドック学会・社団法人日本病院会指定)





診療科目

・内科、循環器内科、呼吸器内科、神経内科、糖尿病内科
・外科、消化器外科、肛門外科
・婦人科
・眼科
・整形外科
・放射線科





医師の紹介

院長三舩 瑞夫
副院長前田 芳紀
名誉院長片山 久
名誉副院長片山 裕子
医師犬塚 俊夫
医師菅野 光




医療関係の皆様へ

医療連携室のご案内
地域の先生方と積極的な医療連携を図ることにより、地域住民の皆様に適正な医療を提供する事を目的とします。
【医療連携室】 担当:山本 TEL.03-3657-1169 (受付時間:9:00~17:00)

※入院、外来のお問い合わせ、MRIの検査予約等ご連絡ください。